FIAT500 オイルエレメント考

すみません、走り書きのメモレベルです。

確か500のドレンボルトはフランジなしのM22 P1.5。
このサイズ、”フランジなし”の磁石付きってのが日本国内ではなかなかない。

あきらめるしかないかなぁと考えていたのですが、ふと思いました。
磁石付きエレメントがあるじゃないかと。

ちなみに先日記事にしたHP-1010の寸法が
外形:φ68x95mm
ネジ径:M20P1.5。

K&NのUSサイトによると、ホンダ、三菱で適合しているクルマが多いです。
使えそうな磁石付きエレメント、
案の定、ちょっと調べただけでいくつか出てきました。

HKS 52009-AK001
外形:Φ68 x H65 mm
ネジ径:M20 P1.5
ガスケット径:65-56.5

CN CNF-60B
ネジ径:M20 P1.5
ガスケット径:60φ

気になるのは、エレメント自体の寿命が短くなりコストがかかりそうな点。
ところが10万kmメンテフリー(しかも再利用可)を謳う磁石付きエレメントがあります。

PECS MARK-IV P-2002
ネジ径:M20P1.5
ガスケット径:62×52

メーカーサイトの謳うPECS装着後のオイル循環をコピペすると、

  • 一次発生した摩耗粉を、PECSが吸着する。
  • 目詰まりがないので、油圧の上昇がない。
  • 二次摩耗がないので、新油同等のオイル循環が行え、オイル劣化がほとんどなく、エンジン摩耗も減少するので、エンジンの長寿命かが得られる。
  • 摩耗粉が無いので、油温の上昇が制御できる。
  • 新油同等のオイル循環により、格慴動部のキズが滑らかになり、エンジンが静かになる。
  • シリンダーのキズも、滑らかになり、適正な油膜を保ち、ブローバイガスの混入が減少する。
  • ブローバイガスの混入を防ぐので、ここでもオイル劣化を防ぐ事ができる。
  • 気密性が保たれることにより、完全燃焼が得られる。
  • エンジン内部の摩擦抵抗が減少し、その分のパワーが走行エネルギーに変わるので、燃費が向上する。
    ろ紙フィルターを使用したときの機械摩擦損失、約12%
    PECSフィルターを使用したときの機械摩擦損失、約6%
    ろ紙フィルターとの摩擦損失分の差も、燃費向上の一つです。
  • 完全燃焼が得られるので、今まで溜まったカーボンが、水と炭酸ガスの還元反応により、カーボンが無くなり、有害排出ガスの減少が得られる。

のだそうです。

2万円オーバーなのでコスト面では結局一緒ですが、
懸案だったオイル食いが止まりそうな予感が。。。
扱ってるSHOPもどんどん増えてるようですし、気になりますねぇ。

ただオイルの劣化が防げたから、ということのようなので、
K&NのHP-1010でもオイル食いが少し減る気がしてきました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中