純正オーディオ日本仕様移植

純正オーディオ日本仕様移植
純正オーディオ日本仕様移植 posted by (C)giallo500

; color: #424242; “>日本仕様の純正オーディオを移植しました。

並行車のオーディオは、
・FMは周波数変換器が必要
・AMは1620kHzが受信不能
と大分残念な感じなので、日本仕様を移植しました。

心配していたBlue&Meの各種機能も無事ですし、今のところイイ事尽くめです。

作業日 : 2010年01月16日
特別出演:aradonさん

  1. まずはパネルを養生して、オーディオのメクラ蓋を外します。
    オーディオ交換手順1
    オーディオ交換手順1 posted by (C)giallo500
  2. 蓋を外したら、専用工具をはめヘッドユニットを引き抜きます。
    オーディオ交換手順3
    オーディオ交換手順3 posted by (C)giallo500
  3. ヘッドユニットを外します。
    オーディオ交換手順3
    オーディオ交換手順3 posted by (C)giallo500
  4. ブラケットを外し周波数変換器を外します。※つけていない場合は次へ
    オーディオ交換手順4
    オーディオ交換手順4 posted by (C)giallo500
  5. 日本仕様ヘッドユニットをつなぎACC-ON。
    CODE入力画面で指定のコードを入力しアクティベート。
    オーディオ交換手順5
    オーディオ交換手順5 posted by (C)giallo500
  6. FM受信テスト。馴染みの周波数で受信できます。
    ショートアンテナでも音質の低下が感じられません。
    オーディオ交換手順6
    オーディオ交換手順6 posted by (C)giallo500
  7. Blue&Meハンズフリー通話テスト。
    オーディオ交換手順7
    オーディオ交換手順7 posted by (C)giallo500
  8. Blue&Meハンズフリー着信テスト。無事番号が表示されました。
    オーディオ交換手順8
    オーディオ交換手順8 posted by (C)giallo500
  9. Blue&Meハンズフリー発信テスト。
    オーディオ交換手順9
    オーディオ交換手順9 posted by (C)giallo500
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中