DME TUNE

DME TUNE
DME TUNE posted by (C)giallo500

T.M.WORKSで施工。
ECUデータを欧州に送り、実車にあわせたデータを作ってくれます。
好みに応じてアレンジすることも可能のようです。

ガソリンNAは「5%~12%のパワーアップ」「スロットルレスポンスの向上」を謳っています。
公表データによると、FIAT500 1.4 16Vは100PS・131Nm→113PS・145Nmと、DigitalSpeed(112PS・148Nm)とほぼ同レベル。

今回は特別なアレンジを加えず、バランスよく仕上げてもらいました。
実際の計測データ(2速のみ)をいただいたのでご紹介します。

——————
ノーマルECU(2速)
パワー:Kw32.98(44.84ps) @6418rpm
トルク:Nm54.91(5.60Kgf-m) @5093rpm

DME TUNED(2速)
パワー:Kw36.62(49.79ps) @5259rpm
トルク:Nm78.10(7.96Kgf-m) @3602rpm
——————

2速で比較するとノーマルよりパワーが11%、トルクが42%上昇しています。
発生回転も低まり、運転しやすくなりました。

以下、ショップサイトに掲載されたDME TUNEの特徴を引用。
——————
※あなたの右足に機敏に反応します。(レスポンスの向上)
※滑らかなパワー特性により、市街地での運転が楽になります。(トルクアップ)
※安全な追い越しのための加速性能の向上を図ります。(パワーアップ)
※ヨーロッパ・アメリカ・アジアで認められた信頼性と安全性を兼ね備えています。
※イモビライザーなど車両固有のシステムにはまったく手を加えませんので、
 各メーカーのディーラーサービス・車検にも対応しております。
  (エンジンチェックランプの点灯やエラーが残ることはありません。)
※DME TUNEプログラムはディーラーサービスにおいて上書きの心配はありません。
※あなたの車輌に合わせた ”Only One プログラム” を作成し、インストールします。
——————

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中